【阪神】井上打撃コーチのヘッドコーチ昇格が有力…来季組閣着手

井上一樹コーチ

 阪神が来季の組閣に着手し、井上一樹1軍打撃コーチ(49)のヘッドコーチ昇格が有力となっていることが31日、分かった。

 今季から就任した井上コーチは、若手への熱血な指導で貧打にあえいだ打線の底上げに尽力。近本は2年目のジンクスを打破して、大山も本塁打王を争うまでに成長した。サンズら外国人選手とも対話を重視し、日本野球への適応をアシストした。来季は打撃面だけでなく、参謀役として3年契約最終年の矢野監督を支えることになりそうだ。

 また、清水ヘッドコーチは就任後2年連続V逸の責任を取り、進退伺を出していることが判明。だが、球団は慰留しているとみられ、2軍の主要ポストを用意しているもようだ。

最新一覧