高梨沙羅、W杯蔵王大会中止に「コロナが収まったらまたやっていただくよう願っています」

高梨沙羅

 スキージャンプ女子で18年平昌五輪銅メダルの高梨沙羅(クラレ)が31日、所属を通じ、W杯蔵王大会(21年1月)の中止についてコメントを発表。「初めてワールドカップで優勝した蔵王の大会が中止になったのは非常に残念ですが、コロナが収まったらまた大会をやっていただくよう願っています」と思いを明かした。

 来年1月に予定されていた同大会は、新型コロナウイルス感染防止対策の難しさなどから中止に追い込まれた。高梨は、12年3月の大会でW杯初優勝を飾っている。

 今季女子W杯は、12月にノルウェー・リレハンメルで開幕する予定。日本勢も高梨、伊藤有希(土屋ホーム)、丸山希(明大)ら代表主力陣が参戦する見通しとなっている。

最新一覧