馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・成績提供中  東京 阪神

【アルテミスS・敗者の弁】新種牡馬モーリスの娘ストゥーティは4着 石橋「いいものを持っている」

アルテミスSで4着だったストゥーティ

 ◆第9回アルテミスS・G3(10月31日、東京競馬場・芝1600メートル=良)

 2歳牝馬重賞は16頭によって争われた。吉田隼人騎手が手綱を執り、1番人気に推された白毛馬、ソダシ(栗東・須貝尚介厩舎、父クロフネ)が2番手追走から直線で抜け出して快勝。無傷の3連勝で、札幌2歳Sに続く重賞連勝を飾った。勝ち時計は1分34秒9。

 2着は、直線で末脚を伸ばした2番人気のククナ(クリストフ・ルメール騎手)。3着には3番人気のテンハッピーローズ(田辺裕信騎手)が続いた。

 石橋騎手(ストゥーティ=4着)「返し馬からなかなかスピードがありそうな走りをしていて、能力がある感じだった。ゲートを上手に切ってくれて、少し前向きさが強かったけど、落ち着いてコーナーも走れていた。内を通ったけど、ペースが落ち着いたぶん、我慢が利いた。あそこからいい脚を使っていたし、いいものを持っている」

 津村騎手(クールキャット=5着)「今日は跳びの大きいストライドを生かせなかった。最後は伸びているし、距離はもう少しあってもいい」

 和田雄調教師(ウインアグライア=6着)「切れ味(勝負)のぶん、負けてしまった。距離はあった方がいいと思う」

 大野騎手(シャドウファックス=7着)「小脚を使うようなタイプで、小さい競馬場なら持ち味が生かせそう」

 横山和騎手(モリノカンナチャン=8着)「あんまり進んでいかないというか、道中でもたもたしていた。ペースが遅くなって、展開が向いていないなかでも、脚を使えていました」

最新一覧