伊藤健太郎容疑者「気が動転してパニックに」ひき逃げ逮捕…4月物損事故時は逃げず

伊藤健太郎容疑者

 警視庁原宿署は29日、乗用車でバイクに衝突後、現場から立ち去ったとして、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、俳優の伊藤健太郎容疑者(23)を逮捕した。伊藤容疑者は容疑を認めている。昨年、NHK連続テレビ小説「スカーレット」にヒロインの息子役で出演しブレイクした新進気鋭の俳優。主演映画の公開や主演舞台が控える中での逮捕に、関係者は対応に追われた。

 人気若手俳優がひき逃げ容疑で逮捕される前代未聞の事件を起こした。伊藤容疑者は28日午後5時45分ごろ、東京都渋谷区千駄ケ谷1丁目の片側2車線の交差点をUターンして対向車線に入った際に、直進してきた250ccバイクと衝突した。

伊藤健太郎容疑者の事故現場

 現場は近くに国立競技場や東京体育館、JR千駄ケ谷駅がある。伊藤容疑者の車の左側部分と男女2人乗りのバイクの右ハンドルが接触し、運転していた20代男性は左腕打撲の軽傷、後部座席の20代女性は左足骨折の重傷を負った。伊藤容疑者は、救護せずに現場から車で立ち去り、事故を目撃したタクシーの乗客が110番通報。タクシーの運転手が百数十メートル追跡し、事故現場に戻るように説得した。伊藤容疑者はこれに従い、数分間で現場に戻ったという。事故後の検査でアルコールは検出されず、けがもしていない。同乗者はいなかった。

 伊藤容疑者は原宿署で事情を聞かれ、未明に帰宅。29日午前に再び同署を訪れ、午前10時3分に逮捕された。現場から立ち去った経緯について「気が動転してパニックになった」と供述。「買い物中に道に迷ってUターンした」と話している。

 伊藤容疑者は9月に事務所を移籍。3年ぶりに古巣のイマージュエンターテインメントに復帰していた。同事務所はけがを負った2人に謝罪するとともに「本件事故に関してお怪我(けが)も含め被害について誠心誠意、対応させて頂く所存でございます」とコメント。今後の活動については「捜査の推移を踏まえた上で、皆様にご報告をさせて頂ければと思います」としている。捜査関係者によると、伊藤容疑者は4月にも文京区の路上で車と接触する物損事故を起こしていた。この時は逃げていないという。

 伊藤容疑者は9月21日に放送されたフジテレビ系連続ドラマ「SUITS/スーツ2」の第11話にゲスト出演。友人とのパーティー帰りにひき逃げ事故を起こし、織田裕二(52)が演じる敏腕弁護士に弁護の依頼をするコンサルタント会社の社長の息子役を演じていた。図らずもドラマのひき逃げ事故を再現してしまった形だ。

 ◆伊藤 健太郎(いとう・けんたろう)1997年6月30日、東京都生まれ。23歳。モデルを経て、14年俳優デビュー。17年映画「デメキン」で初主演。18年は日テレ系「今日から俺は!」に出演するなどドラマ10本、映画8本に出演。同年6月に「健太郎」から本名の「伊藤健太郎」に改名。19年後期のNHK連続テレビ小説「スカーレット」でヒロインの息子を演じた。身長179センチ。

すべての写真を見る 3枚

最新一覧