内村航平、新型コロナ陽性 日本人現役五輪金メダリストでは初…無症状熱なし 

内村航平 

 体操男子で2016年リオデジャネイロ五輪団体&個人総合金メダリストの内村航平(31)=リンガーハット=が、新型コロナウイルスのPCR検査で陽性反応を示したことが29日、分かった。11月8日の国際大会(東京・国立代々木競技場)に向けた出場選手の取材後、緊急記者会見が開かれ、国際体操連盟・渡辺守成会長(61)が明かした。日本代表に選ばれている内村は、体調不良を理由に取材を欠席していた。大会は予定通り開催される予定。

 緊急会見に臨んだ渡辺会長は「残念な報告をすることとなりました」と切り出し、内村のコロナ陽性を明かした。日本人の現役五輪金メダリストでは初。大会に出場する日本の男女8選手は21日に最初のPCR検査で全員陰性。28日に2回目の検査を受け、この日、内村の陽性が判明した。無症状で体温は36・3度。6日間の経過観察後、11月4、5日にPCR検査を受けて出場を判断するというが、隔離生活の練習状況を考えると出場は厳しそうだ。

 男女8選手は21日から東京・北区にある味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)で合宿中だった。各競技のトップ選手の強化拠点となるNTCを利用する選手の感染が明らかになったのは初めて。今後は保健所と協力して感染経路などを調べるが、他の男子3選手は濃厚接触者になっている可能性がある。

 米国、ロシア、中国も参加し、入国制限が設けられて以降、五輪競技では初めて国内に海外選手を招く国際大会。渡辺会長が「誰かが先陣を切らないといけない」と決断したが、コロナ禍での開催の難しさを知る事態となった。他の3か国の選手団は11月4日に来日予定で、同会長は開催可否について、「各国もPCR検査し、内村選手を除いた他の選手は全て陰性。今のところ開催する」と説明し、日本が参加できなくても他の3か国で実施する意向。内村の状況も考え「彼自身、この大会への思いは大きなものがあったと思う。自分自身のために中止になったというのは耐えられない苦しさ。そういった状況は避けてあげたい」と語った。

 内村は今年に入り、両肩痛などの影響で種目別の鉄棒に絞り、東京五輪を目指すことを決断。9月の全日本シニアで“鉄棒のスペシャリスト”としての初戦を迎えていた。11月8日の大会後は、12月の全日本選手権(高崎アリーナ)を予定。五輪代表選考に関しては白紙状態だが、例年通りなら、来春に選考大会が行われる予定となっている。

 ◆国内の五輪有望選手と新型コロナ 飛び込み男子代表に内定している寺内健(40)=ミキハウス=が8月1日に陽性判明。入院、自宅療養を経て同20日に練習を再開した。テニスの錦織圭(30)=日清食品=も8月の復帰戦出場前の検査で感染が明らかになり、4大大会の全米オープンを欠場。なお、Jリーグは6月下旬の再開以降、鳥栖で金明輝監督ら選手、スタッフら12人のクラスターが発生した。

すべての写真を見る 2枚

最新一覧