【ヤクルト】3点リード守れずドロー 5回無失点の金久保に高津監督「勝たせてあげたかった」

力投するプロ初先発の金久保優斗

◆JERAセ・リーグ公式戦 広島3―3ヤクルト(29日・マツダ)

 ヤクルトは3点のリードを守れず、今季9度目の引き分けに持ち込まれた。

 初回に5安打を集めて3点を先制。プロ初先発の金久保は、立ち上がりこそやや制球が荒れたが、5回まで1安打無失点、6奪三振の快投で、初勝利の権利を持って降板した。打線は2回以降は3安打と沈黙。7回に3番手の清水が3点を失った。

 高津監督は「(金久保は)初めての先発でいろんな感情があっただろうけど、本当によく投げた。ファームでやってきた練習の成果や経験が今生きているのかなと思います。勝たせてあげたかったけどね。まあ、それはしようがない。また次回」と語った。

試合詳細

最新一覧