【巨人】2度の1死満塁チャンス生かせず5連敗…優勝マジックは2位・中日敗れて「1」

5連敗で優勝を決められなかった巨人・原監督

◆JERAセ・リーグ DeNA5―2巨人(29日・横浜)

 巨人がDeNAに2-5で敗れ、優勝決定は30日のヤクルト戦(東京ドーム)以降に持ち越された。

 先発サンチェスが初回に1死満塁からソトの三ゴロの間に1点を奪われた。続く2回、丸佳浩(31)の特大26号ソロで追いついたものの、直後に1死二塁から戸柱の右前適時打で再度勝ち越しを許した。

 1-2で迎えた6回には1死満塁のチャンスをつかんだが、丸が空振り三振、中島宏之(38)が見逃し三振に倒れてまさかの無得点。

 7回に梶谷、オースティン、ソトの適時打で3点を失い1―5で迎えた8回。再び1死満塁のチャンスを作り、打席には再び丸。丸は左犠飛を放ち1点を返したが、続く中島は前の打席と同様に空振り三振に倒れ、1点を返すにとどまった。

 2位・中日が阪神に敗れ、マジックは「1」となった。

試合詳細

最新一覧