馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・成績提供中  中山 阪神 中京

【天皇賞・秋 内尾が見た牝馬の盾】ブエナビスタの強さを名手・スミヨン「ベストホース」絶賛

ブエナビスタ(右)騎乗のスミヨンが振り返る余裕を見せた10年の天皇賞・秋

◆第162回天皇賞・秋・G1(11月1日・芝2000メートル、東京競馬場)

 10年の天皇賞・秋は、とにかくブエナビスタが強かった。台風14号の影響で土曜の東京開催が月曜に順延。競馬が行われていない中で前日に現地で到着取材をしたが、馬運車から降りてきた大本命馬には絶対に負けないというオーラが漂っていた。

 レースは直線でアッという間に抜け出すワンサイド勝ちでG1・5勝目を飾った。初コンビのスミヨンが「ベストホース イン ジャパン! ベリーストロング!」と興奮していた表情が忘れられない。

 その年のドバイ・シーマクラシック(ペリエの騎乗で2着)で騎乗する話があったが、実現しなかった。ようやく巡り合えた日本の名牝を「ザルカヴァに、とても似ている」と評価。デビューから7連勝で08年の凱旋門賞を制した歴史的名牝になぞらえ、ほめちぎっていた様子を見て私は誇らしく思った。

 ブエナを心から愛したスミヨンは、半妹にジョワドヴィーヴル(フランス語で生きる喜び)と名付けたが、11年阪神JFで2歳女王に輝きながら、のちに調教中の事故で天国へ旅立ってしまった。平成で一大勢力を築いた血脈から、新たなスターホースが出てくる日が待ち遠しい。(内尾 篤嗣)=おわり=

最新一覧