【広島】薮田和樹、5回7安打3失点で降板

初回にピンチを背負い、沢崎投手コーチの助言を受ける広島・薮田(右)

◆JERAセ・リーグ公式戦 広島―ヤクルト(29日・マツダ)

 広島の薮田和樹投手(28)が、5回7安打3失点で降板した。

 初回、先頭の塩見にいきなり中堅へ三塁打を浴び、続く青木に適時二塁打を許して先制点を献上。さらに山田哲の中前打で一、三塁とされ、4番・村上の右翼フェンス直撃適時打と続く宮本の遊ゴロで2点を追加されていきなり3点を失った。

 2回からは毎回走者を出しながらも後続を断ち、追加点は与えなかった。2回以降は本来の投球を取り戻しただけに、初回の失投が悔やまれる登板となった。

最新一覧