谷村美月が「劇団Patch」公演にヒロインで出演「人間ぽくない役をやってみたかった」と意欲

ヒロインの谷村美月(中央)と「劇団Patch」のメンバー(左から)三好大貴、中山義紘、田中亨、1人おいて竹下健人、井上拓哉、吉本考志

 女優の谷村美月(30)が28日、カンテレでワタナベエンターテインメント所属の演劇集団「劇団Patch」が、関西テレビとコラボする音楽朗読劇「マインド・リマインド~I am…~」(12月26、27日、サンケイホールブリーゼ)に向け、意気込みを語った。

 今作は特定の香りからそれにまつわる記憶が呼び起こされる“プルースト現象”の音楽版。音楽好きなヒロインを入山法子(35)とWキャストで演じる谷村は、ミステリアスな役柄に「私が演じてみたいと思っていたのが、今やっと来たなと。人間ぽくない役をやってみたかったので」と笑顔。今回は「劇団Patch」のメンバーが全9パターンの組み合わせで谷村の相手役を務めるということもあり「皆さんの名前を覚えないと。違うセリフを言っちゃうな」と笑った。

 谷村は大阪府出身ということもあり「関西の仕事は(気持ちが)オープンになっている気がします。東京では萎縮してしまう自分がいるので。大阪にいると壁が破れるので気持ちは楽ですね」とにっこり。リーダーの中山義紘(30)は、ヒロインが発表された時を「オーッという声が上がりました。女優のゲストを招き入れることがあまりなかったので」と振り返り、メンバーも大歓迎。8周年を飾るこの舞台に「コロナの自粛で、僕たちの仕事ってなんやろうと考えるきっかけにもなって、腐らずに生きないともったいなと。やっと生の舞台を届けられるのでたまっていたうっぷんをぶつけたい」と意気込んだ。

最新一覧