【清水】スポンサー・フジ物産とともに西奈南小で「まぐろソムリエ」の出前授業

西奈南小で出前授業が行われた

 清水エスパルスが27日、ホームタウン次世代育成プロジェクト「エスプラス」を静岡市立西奈南小で行った。「まぐろソムリエ」編と題し、漁業用餌料の販売などを行うフジ物産の営業部(海上部)中川文孝さんが、静岡市内で働く「必要なチカラ」について6年生約120人の前で出前授業を行った。

 スポンサーでもあるフジ物産はマグロ船で使われるエサの国内シェア率日本一を誇っている。清水港は冷凍マグロの水揚げも日本一だけにマグロの加工の様子を動画で紹介。おいしさの秘密である冷凍方法やマグロの釣り方を紹介した。元選手の清水・高木純平広報(38)も司会として、中川さんをアシストした。授業を熱心に聞いていた中安圭一郎くん(6年)は「静岡の多くの企業が協力して地元を支えていることが分かった」と話していた。

最新一覧