【Bリーグ】静岡、ハザードHCとの契約解除

ベルテックス静岡から契約解除されたラシード・ハザードHC

 バスケットボールB3リーグのベルテックス静岡は27日、米国人のラシード・ハザードヘッドコーチ(HC、44)に重大な契約違反があったため、契約を解除したと発表した。

 同氏は、NBAのレイカーズなどで指導歴があり、19―20年シーズン途中、ベルテックスのアソシエイトHCとして加入し、途中からHCに就任した。コロナ禍で同シーズンは途中で打ち切りとなったが、今年5月に20―21年から新たに2年契約を結び直していた。

 クラブによると、ハザード氏は契約後、ビザ取得のために米国へ一時帰国。当初、オンラインで連絡は継続していたが、8月下旬を境に本人や代理人との返信が途絶え、連絡が取れない状態に。その後、9月3日にNBAの下部組織Gリーグとの契約が決まったため、当クラブとの契約を解除したいという旨の一方的な連絡が届いたという。これに対し、ベルテックス静岡は、二重契約にあたると判断。ハザード氏やGリーグ、NBAに抗議書簡を送り、事実確認と交渉を続けたが、進展せず、契約解除に至ったとしている。

 また、クラブはこの日、アルゼンチン人のファクンド・ミュラー氏(47)が新HCに、トマス・ラマス氏(26)が新アソシエイトコーチに就任することで基本合意したと発表した。

最新一覧