【東都大学準硬式野球】専大・松岡颯太が8回1失点の好投

8回を1失点に抑えた専大・松岡

◆東都大学準硬式野球秋季リーグ戦1部 専大4―1国士舘大(27日・上柚木公園)

 専大が逆転勝ちした。1―1の4回2死二、三塁から暴投で勝ち越すと、8回には須永隼斗(4年=専大松戸)の適時打などで2点を追加。先発の左腕・松岡颯太(3年=海津明誠)が8回までに8安打を許しながら1点に抑え、9回は斉藤達椰(4年=専大付)が締めた。専大は5勝5敗の勝率5割で3位。国士舘大は6位となった。

 松岡颯太「調子が悪い中、どうにか攻撃につなげられるようなピッチングができたのでよかったです」

試合詳細

最新一覧