【川崎】算数ドリルのオンライン授業を開催 MF三笘とDF神谷が“講師役”で参加

算数ドリルの実践学習に参加した三笘(左)と神谷(川崎提供)

 川崎のMF三笘薫(23)とDF神谷凱士(かいと、23)が27日、クラブがオリジナルで作成した算数ドリルを用いて、オンライン授業を行った。

 クラブは2009年度より「川崎フロンターレ算数ドリル」を作成。川崎市内の公立小学校6年生全生徒に配布している。09年より毎年、選手が講師役として市内の小学校を訪問し、実践学習を行ってきた。

 12回目の今回は、新型コロナウイルスの影響を考慮し、オンラインで授業を実施。三笘と神谷のルーキーコンビが、ゲストティーチャーとして、川崎市立有馬小学校の6年生と交流した。オンラインで選手とリフティング対決を行い、リフティングの回数を用いての平均値の求め方などを一緒に学んだ。

 三笘は「子供たちは失敗しても、何度も何度もチャレンジしてくれて、そういう姿勢から初心を思い出させてくれる機会でした。算数が苦手な子たちもいたと思うのですが、サッカーを結びつけて好きになってもらえたらうれしいです」とコメント。神谷も「試合もなかなか観に来れない環境が続く中、僕たちサッカー選手の役割は元気を与えることだと思っています。こういうイベントで少しでも子どもたちが元気になってくれたら嬉しいです」とコメントした。

最新一覧