郷亜里砂「平昌よりさらに上の自分を目指して」 現役復帰後2シーズン目を好発進

郷亜里砂(左は小平奈緒)(代表撮影)

◆スピードスケート 全日本距離別選手権第2日(24日・長野市エムウエーブ)

 平昌五輪代表の郷亜里砂(32)=イヨテツク=が現役復帰後、2シーズン目を順調に滑り出した。女子1000メートルは1分15秒85で3位。大会新で優勝した高木美帆(日体大職)とは1秒41差。2位の小平奈緒(相沢病院)とも0秒23差で「力不足も実感した」と振り返った一方で、「今日は最初から積極的に行って、最後まで粘るレースがしたいと思っていた。自分の中では出し切れた」と納得の表情も浮かべた。

 女子500メートルで8位入賞した18年平昌五輪後、現役を引退した。だが、支援を受ける愛媛県で後進を指導する中で、五輪への思いが再燃。19年3月に現役復帰を表明した。復帰直後の昨季は体重も落ち「1年を通して体がいっぱいいっぱいだった」。今季は春先のトレーニングからフィジカルの向上に努め、技術面では重心の位置を工夫。体重も戻り「春から昨年の反省も踏まえて取り組んできたことが少し形になってきた」と手応えがあった。

 今大会は初日の500メートルも37秒76で2位。五輪女王の小平に0秒03差と迫る好タイムだった。「戻ってくると決めた時から、体もスケーティングも平昌よりさらに上の自分を目指してやっていきたい気持ちがあった。それに向かって少しずつ、ステップアップできている」と実感する。

 今大会は2種目を滑り終え、今後はコロナ禍でW杯前半戦が中止となったため年内は国内を転戦する見込みだが、例年と違ったシーズンにも不安はない。「奈緒さんや美帆だったり、世界のトップで戦ってる選手が国内にいる。本当に贅沢なことだと思うので、私も少しでも追い付いて、追い越せるように頑張りたい」と高みを見据えた。

最新一覧