【中日】先発・松葉貴大が4回途中6失点KO 課題の立ち上がりを克服できず

中日・松葉

◆JERAセ・リーグ ヤクルト―中日(24日・神宮)

 中日・松葉貴大投手(30)が4回途中7安打6失点でKOされた。ボール先行でリズムが悪く、初回に1点を先行され、さらに2回は打者9人の猛攻で4点を失った。3回こそ3者凡退で抑えたが、4回1死から青木に二塁打を打たれたところで2番手・木下雄に交代が告げられた。

 試合前は「初回から自分のいいところを出していけるようにしたい」と意気込んでいたが失敗。6敗目を喫した4日のDeNA戦(横浜)でも序盤にオースティンの2発を許して4回途中でKOされており、またも課題の立ち上がりを克服できなかった。

最新一覧