【巨人】菅野智之は7回の投球練習中に右人さし指の付け根付近をつり一度ベンチへ 宮本コーチ「問題ない。中6日でいくと思う」

巨人先発の菅野智之

◆JERAセ・リーグ公式戦 巨人1―2阪神(24日・東京ドーム)

 巨人の菅野智之投手(31)が24日、阪神戦に先発した。前回登板した14日の広島戦(東京D)から中10日のマウンド。走者を出しても最少失点でしのぎ、7回116球6安打3四死球2失点、8奪三振と好投したが、打線の援護に恵まれず自身2連敗を喫した。

 0―1の6回無死で回ってきた打席で自ら中越え二塁打を放ち、その後、松原の犠飛で同点のホームを踏んだ。直後の7回。投球練習中に異変を訴え一度ベンチへ下がったが、再びマウンドに上がった。勝ち越し打を浴びたが7回を投げきった。

 試合後、エースの異変について宮本投手チーフコーチは右手人さし指の付け根辺りをつったと説明。状態については「全然問題ないです。予定では中6日でいくと思います。1年間戦ってきて疲れもあるだろうし、もう一踏ん張り。しっかりケアして頑張ってもらいたい」と話した。

試合詳細

最新一覧