【楽天】終盤のミスが失点に直結し逆転負け…三木肇監督「競った時にどう戦えるかというのは、何とかしないといけない」

険しい表情で戦況を見つめる三木肇監督

◆パ・リーグ 楽天4―5日本ハム(24日・楽天生命パーク)

 楽天は終盤のミスが失点に直結し、逆転負けを喫した。

 先発・石橋は4回まで3点を奪われていたが、打線は1―3の4回に田中貴の適時打と小深田の2ランで逆転に成功。しかし4―3の8回に4番手・福山が先頭・中田に左翼席への同点ソロを被弾した。救援陣が8回以降に同点弾、もしくは勝ち越し弾を浴びるのは、ここ5試合中4試合目となった。

 さらに同点の9回2死一塁。中田の左翼線へ高々と上がった打球に左翼手・小郷が追いついたが、グラブをかすめてライン際へポトリ。一塁走者・近藤が生還する適時失策となり、これが決勝点となった。

 勝てば自力でのCS進出の可能性が復活していたが、手痛い敗戦となった。三木監督は「悔しいですね。競った時にどう戦えるかというのは、何とかしないといけない」と険しい表情で話した。

試合詳細

最新一覧