吉本興業と生島企画、「Wひろし会長」のタッグ実現

トークで盛り上がった(左から)大崎洋会長、坪田信貴氏、生島ヒロシ

 吉本興業の大崎洋会長(67)がパーソナリティーをつとめるKBS京都の「大崎洋と坪田信貴のらぶゆ~きょうと」(日曜・深夜0時)の25日放送回に生島企画室の生島ヒロシ会長(69)がゲスト出演する。

 大崎会長と吉本興業社外取締役・坪田信貴氏との共著「吉本興業の約束 ~エンタメの未来戦略~」を読み、感動したという生島会長が「ぜひ坪田さんにお会いしたい」とリクエスト。このほどの収録で“Wひろし会長”のタッグが実現した。

 “Wひろし”は子供同士が親友でプライベートでは親しいものの、仕事での接点はほとんどなし。生島の長男・勇輝(36)が仮面ライダーに、次男・翔(35)が舞台「人類史」に出演していることもあり、大崎会長は「生島家のご子息2人。いい意味でちょっと下積みもあって、苦労もして、実力で認められて…今年は記念すべき年ですね」。生島も「ウチの息子たちは大崎会長の2人の息子さんをすごく尊敬しています。とにかく頭が良い」と“エール交換”した。

 収録後、大崎会長は「生島企画室と吉本興業…。これを機会にいろんな取り組みやチャレンジが出来ると思います」と仕事でのコラボをほのめかしていた。

最新一覧