【巨人】特大弾の松原聖弥、少年時代の憧れ石井琢朗コーチからの指令「1、2番で試合を支配しろ」

3回無死、松原聖弥が3号ソロを放ち、ウィーラー(左)らに祝福された

◆JERAセ・リーグ ヤクルト0―6巨人(22日・神宮) 

 巨人はヤクルトに6―0の完封勝ちで6戦ぶりに白星を挙げた。

 3回、先頭の2番・松原が吉田大喜から右翼席中段に特大3号ソロを放った。

 松原は大阪出身。仙台育英高、明星大から16年育成ドラフト5位で巨人に入団した。

 松原の兄で、お笑いコンビ「ロングアイランド」で芸人として活躍する松原ゆいが以前、「(弟の)聖弥は子供の頃ベイスターズファン。金城(龍彦)さんや石井琢朗さんに憧れていた」と明かしていた。

 現在はその石井琢朗コーチが1軍野手総合コーチを務めていて、同じ左打者の大先輩として打撃の助言をもらっている。松原は「ずっと2番を打たせてもらっていて、1番の吉川と僕が塁に出ると得点につながることが多い。石井コーチには『1、2番で試合を支配しろ』と言われいる。うまくいく時と、いかない時があるんですけど、確率をもっと上げていけるようにしたいです」と話した。

 この日の特大ホームランについては「自分ではあまり見ていなかったんですけど、周りの人は人生で一番飛んだんちゃう?って。人生であんな飛ぶことなんてないんで僕。感触を忘れないようにしたいんですけど、あれを追いかけないようにしたいです」と冷静だった。

最新一覧