馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・成績提供中  中山 阪神 中京

10月17日、18日の2歳戦勝ち馬をチェック…レースぶりが光ったグロリアムンディ

グロリアムンディ(左)(カメラ・高橋 由二)

 先週の新馬戦の勝ち上がり馬は、能力指数IDMがハイレベル。特に10月18日・京都5R(芝2000メートル)を勝ったグロリアムンディには注目だ。4角で一気に前にとりつくと、直線上がりNO1(35秒1)で伸び切り勝利。手綱を執った福永騎手の「次は重賞でもいい」という言葉もこの馬のポテンシャルを示している。

10月17日・東京5R、2歳新馬、芝1600メートル、重馬場=18頭立て】
ヴィクトゥーラ(牡、美浦・金成貴史厩舎、父ロードカナロア、母グローリアスローズ、母の父ロックオブジブラルタル)462キロ、生産牧場=辻牧場
【血統】07年皐月賞馬ヴィクトリー、重賞3勝のリンカーンなど、活躍馬多数のバレークイーンの牝系出身。
【レースVTR】スタートを決めて、道中は好位4、5番手で折り合って運んだ。直線で最内を突くと、重馬場をものともせず、上がり最速33秒9で前をまとめて差し切った。勝ち時計は1分39秒2。
【IDM】42
【コメント】Mデムーロ騎手「調教に乗って、能力が高いと感じていた。馬場は良くなかったけど、競馬にいったら思った通りに瞬発力がすごかった」
【将来性】★★★★ ※道悪の中、キックバックを気にせずインで折り合えるセンス、馬と馬の間を抜けてこられる勝負根性ともに上々。重馬場で時計は遅いが回転力の速いフットワークで良馬場でも切れそう。これは楽しみ。

10月18日・東京5R、2歳新馬、芝1800メートル、稍重馬場=14頭立て】
ヴァイスメテオール(牡、美浦・木村哲也厩舎、父キングカメハメハ、母シャトーブランシュ、母の父キングヘイロー)498キロ、生産牧場=ノーザンファーム
【血統】キングヘイロー産駒の母は3歳秋にデニムアンドルビーが勝ったローズSで2着。15年マーメイドSでマリアライトを差し切った星が光る。
【レースVTR】2番手追走から直線で抜け出し、サトノクラウンの弟シテフローラルの猛追を3/4馬身差退けて初陣を飾った。勝ち時計は1分52秒4。
【IDM】44
【コメント】丸山騎手「背中がいい馬。追ってからも良かった。体がしっかりしていない中で、これだけのパフォーマンスができた。素晴らしい」
【将来性】★★★  ※まだ調教で追い込んでいないし、レースでも懸念していた気難しさを出さず、外、外を持続系の脚で伸びた。ひと叩きで鋭さが出てくれば。

10月18日・京都5R、2歳新馬、芝2000メートル、稍重馬場=11頭立て】
グロリアムンディ(牡、栗東・大久保龍志厩舎、父キングカメハメハ、母ベットーレ、母の父ブルーエアフォース)476キロ、生産牧場=ノーザンファーム
【血統】母の父はロベルト系種牡馬。半姉のナイントゥファイブ(父スクリーンヒーロー)は報知杯FR3着。
【レースVTR】前半1000メートル64秒6の流れの中、道中は中団イン。直線では一頭だけ違う伸び脚を繰り出し、ラスト100メートルで先頭。ダノンハイファイブに1馬身半差をつける完勝だった。勝ち時計は2分5秒8。
【IDM】45
【コメント】福永祐一騎手「なかなかいい脚を使える、ちょっと楽しみな馬。次は重賞でもいいのでは」
【将来性】★★★★ ※「次は重賞でも」という鞍上に、大久保龍志調教師は「鞍上のジャッジもかなり高かったし、今後が楽しみ」と応えるなど、評価は急上昇。レース前に坂路51秒台をマークしていたように脚力は確かだ。4角は自分から上がっていくような走りも◎。センス、気性も優秀。

ベッラノーヴァ(右)

10月18日・東京4R、2歳新馬、芝1400メートル、重馬場=18頭立て】

ベッラノーヴァ(牝、美浦・金成貴史厩舎、父エピファネイア、母ベッラレジーナ、母の父ネオユニヴァース)396キロ、生産牧場=ノーザンファーム
【血統】祖母にオークス2着、エリザベス女王杯3着のベッラレイア(父ナリタトップロード)がいる。
【レースVTR】道中は中団。直線は荒れの少ない外の馬場を伸び、逃げたロジプリンをとらえて初陣を飾った。勝ち時計は1分23秒6。
【IDM】43
【コメント】丸山騎手「初めて乗ったのは4月だったけど、その時と比べても期待通りの動き。外枠が良かったし、しまいも伸びていて良かった」
【将来性】★★★  ※400キロに満たないコンパクトな馬体も、重馬場のなか、終始、外、外を回って勝ち切る勝負強さは評価できる。レース後、脚に腫れが出たということだが、早い復帰が待たれる。

※IDMとは…InDex Memoryの略称。JRDB社が開発した能力指数。馬場差やペース補正、それに出遅れ、レース中の不利、コースロス、馬場の悪い所を通ったなど記憶要素を元に算出。今年のダービー馬コントレイルのデビュー戦の指数は35、オークス馬デアリングタクトは39だった。

すべての写真を見る 2枚

最新一覧