【阪神】今季限りで現役引退の藤川球児、2/3回無失点 能見とハグも!

雨が強くなる中、9回途中から登板した藤川球児

◆JERAセ・リーグ 阪神5―9広島(22日・甲子園)

 今季限りで現役を引退する阪神・藤川球児投手(40)が、4点ビハインドとなった9回1死から登板。引退表明後2度目のマウンドは最速147キロで2/3回を1安打無失点に抑え、2試合連続0封とした。

 岩貞が3ランを被弾してリードを広げられた直後だった。この回から降り出した雨は強さを増していたが、藤川の登場で甲子園は大きな盛り上がりを見せた。

 最初の打者となった上本は146キロ直球で空振り三振。続く代打・松山には右前打を許したが、長野を145キロ直球で中飛に打ち取った。ベンチに引き揚げる際には歓声に笑みを浮かべ、左手を挙げて応えた。

 この日の試合前には来季構想外を通達された能見とキャッチボール。最後には2人でハグをする場面もあった。

最新一覧