【中日】すごすぎる!大野雄大、セ歴代5位の45イニング無失点で今季6度目の完封劇

6回までを無失点、グラブタッチでシエラ(右)を迎える中日先発・大野雄大。この日連続イニング無失点の球団記録を更新した

◆JERAセ・リーグ 中日1―0DeNA(22日・ナゴヤドーム)

 球場全体が背番号22に支配された。中日・大野雄大投手(32)が9月15日の広島戦(マツダ)から続けていた連続イニング無失点は「45」に伸ばす、今季6度目の完封劇でチームを本拠地8連勝へと導いた。

 5回を無失点で、1956年に大矢根博臣氏が記録した40回1/3の球団記録を更新。止まることなく9回までDeNA打線を封じ、巨人・堀内恒夫が持つ「44」を抜いてセ・リーグ歴代5位となった。

 7回までわずか3安打。8回にこの日唯一のピンチとなる2死一、二塁を招いたが、代打・楠本を139キロのフォークで空振り三振に打ち取り、雄たけびを上げてガッツポーズした。

 初回のビシエドが中犠飛で挙げた1点をエースが守り抜き、貯金は今季最多の「7」となった。

最新一覧