【巨人】サンチェス、6回2/3を4安打無失点…8勝目の権利を得て降板

サムアップポーズのサンチェス(カメラ・橋口 真)

◆JERAセ・リーグ ヤクルト―巨人(22日・神宮)

 巨人先発のエンジェル・サンチェス投手(30)は6回2/3を投げ、ヤクルト打線を4安打無失点に抑え、8勝目の権利を得て降板した。

 サンチェスは4回に1死満塁のピンチを作ったが切り抜けた。

 打線は初回に押し出しで先制。3回には松原聖弥外野手(25)の3号ソロと岡本和真内野手(24)の26号2ランで3点を加点。7回には坂本勇人内野手(31)と岡本の連続適時打で6―0とした。

試合詳細

最新一覧