東京駅「りんご自販機」、「世界一」は在庫限りで終了 新しい品種の登場&人気ランキングも発表

東京駅に設置された「りんご自販機」

 6日にJR東京駅に設置され、大きな反響を呼んでいるりんごジュースのみを販売する「りんご自販機」に新たな展開だ。

 限定発売だった「青森りんご 世界一」が首都圏では、現在の在庫限りで販売を終了することが22日、分かった。想像を上回る人気ぶりに当初の予想より早期の販売終了となった。青森県内(青森駅・新青森駅・弘前駅)に設置している「りんご自販機」では当面は販売が継続できる見込み。

 アキュア公式オンラインストアでは「青森りんご 世界一」が入った冬のギフト商品を30日から数量限定で販売する。これが「青森りんご 世界一」を手に入れる最後のチャンスになるかもしれない。

 ただ、終わるものがあれば、始まるものもある。「世界一」の大好評を受けて、販売元のJR東日本ウォータービジネスは急遽、新たに「青森りんご つがる」と「青森りんご きおう」の販売を準備が整い次第、開始する。

 ほどよい酸味が特徴の「きおう」は首都圏では東京駅と上野駅の「りんご自販機」のみでの販売になる。一方、酸味とさわやかな甘みが特徴の「つがる」は、11月下旬から12月上旬ごろに「りんご自販機」以外での販売も開始する予定だ。

 また、JR東日本ウォータービジネスは飲み比べ用に現在の品種別人気ランキングを公開した。

 1位「青森りんご 世界一」りんご自販機では約3本に1本の割合で売れている

 2位「青森りんご ジョナゴールド」後味さっぱりさわやかな酸味

 3位「青森りんご トキ」後味のすっきりとした甘さと芳醇(ほうじゅん)な香り

 4位「青森りんご ふじ」甘みと酸味のバランスがよく、飲みやすい

最新一覧