小平奈緒、今季初戦へ「たくさんの人の心を震わせるようなスケーティングを表現できたら」

公式練習後、オンラインで取材に応じる小平奈緒

 スピードスケートの22年北京五輪プレシーズンが23日開幕の全日本距離別選手権(長野市エムウエーブ)から始まる。18年平昌五輪女子500メートル金メダルの小平奈緒(34)=相澤病院=は22日、会場で公式練習に臨み「いよいよオリンピックが目の前に見えてきたっていうシーズンになるので、すごく気持ち的にもワクワクしている。これからどんどん上げていかないといけないなと思っています」と心境を語った。

 コロナ禍で迎えるシーズン。W杯前半戦4大会など多くの大会が中止となる中で、小平は「まずはこのような状況の中で、こういう機会を整えてくださったみなさんがいるということに感謝したい」と、国内初戦の開催実現へ尽力した関係者への感謝を口にした。その上で「スポーツは自分を表現することだなと改めて感じた。タイムも順位ももちろん大切になってくるけど、たくさんの人の心を震わせるようなスケーティングを自分の中で表現できたら」と決意を込めた。

最新一覧