ビーチバレー五輪代表決定戦は来年5~6月に開催 石島雄介「五輪は突き抜ける原動力」

オンラインで意気込みを語る石島雄介(左)と白鳥勝浩

 日本バレーボール協会は22日、来年に延期となった東京五輪のビーチバレー男女日本代表決定戦を、5月中旬~6月中旬の間に開催すると発表。開催地も未定だが、国際連盟による来季のワールドツアーのスケジュールが確定後に調整に入る。大会方式は2018年6月1日から国際大会で得たポイントが多い上位6チームで争われる。

 現在、国内ランキングのトップを走る男子の石島雄介(36)、白鳥勝浩(43)組=トヨタ自動車=の石島は、2008年北京五輪のインドア代表に続く五輪出場に向けて「僕にとって五輪は、選手として突き動かしてくれるもの。突き抜ける原動力でもある。目標は実現していきたいと常に持っているので、それを叶えたい」と決意。女子トップの石井美樹(30)=荒井商事・湘南ベルマーレ=、村上めぐみ(35)=オーイング=の村上も「まだまだ成長ができると思っている。私自身、背が低い(165センチ)ですが、それでも世界に通用するところを見せたい」と意気込んだ。

すべての写真を見る 2枚

最新一覧