収容人数引き上げも客足伸びず…神戸は上限いっぱい約1万4000席用意も4825人

後半15分、神戸・アンドレス イニエスタが先制ゴールを決め喜ぶ

◆明治安田生命J1リーグ(30日)

 3試合が行われ、神戸は名古屋を1―0で下し今季初の3連勝を決めた。後半15分、華麗なパスワークから元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(36)が先制ゴール。主将の今季2得点目となる芸術的な一発が決勝点となり、三浦淳寛新監督(46)就任後2連勝を飾った。F東京は日本代表FW永井謙佑(31)の決勝点で、2003年7月以来、約17年ぶりに浦和の本拠・埼玉スタジアムで勝利。2位C大阪に勝ち点1差とした。

 この日から観客数を収容人数の50%まで引き上げることが可能となったが、平日とあって客足は伸びなかった。神戸―名古屋は上限いっぱいの約1万4000人まで客席を用意したものの、入場者は4825人。ともに上限7000人とした浦和―F東京は5623人、横浜M―鳥栖は3431人にとどまった。

最新一覧