【神戸】イニエスタ弾で3連勝…三浦淳寛監督の下で「心地よくプレーできているよ」

前半、パスを出す神戸・イニエスタ

◆明治安田生命J1リーグ第29節 神戸1―0名古屋(30日・ノエビアスタジアム神戸)

 3試合が行われ、神戸は名古屋を1―0で下し今季初の3連勝を決めた。後半15分、華麗なパスワークから元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(36)が先制ゴール。主将の今季2得点目となる芸術的な一発が決勝点となり、三浦淳寛新監督(46)就任後2連勝を飾った。

 またも背番号8が輝きを放った。序盤からボールを支配しながら1点が遠かった後半15分。FW古橋、FWドウグラスと小気味よくつないだパスを受けたイニエスタは、FW郷家からのリターンパスに右足を一閃(いっせん)。ゴール左隅に待望の先制点を決め「コンビネーションがつながったプレーだった。自分のゴールで勝利に貢献できて喜んでます」と声を弾ませた。

 フィンク前監督の電撃退任を受けて就任した三浦新監督が継続・発展させようと努めるのは、スペイン1部バルセロナを理想とするポゼッションサッカー。決勝点となったゴールはまさにコンセプト通りで、指揮官も「イニエスタが絡んだ連係というのは練習でやってきている。それが結果として表れた」と評価した。

 後半29分には珍しくオーバーヘッドキックを披露。ノリノリで5戦連続フル出場したイニエスタも「監督はクリアなコンセプトを持っている。心地よくプレーできているよ」と手応えを口にした。“バルサ化”体現へ不可欠な司令塔が、新体制でいかんなく才能を発揮している。(種村 亮)

順位表

最新一覧