楽天モバイル5Gプラン30日から開始 三木谷社長「清水から飛び降りる」

楽天モバイルが発表した5G対応スマートフォン「Rakuten BIG」

 楽天モバイルは30日、「楽天モバイル 5Gプレスカンファレンス」を行い、5Gに対応した新プランの運用開始と5G対応スマートフォン「Rakuten BIG」の発売開始を発表した。5G対応プランは「Rakuten UN―LIMIT V」とし、30日15時半から申し込み受付を開始した。このプランも、3月から実施している新規契約の申込み300万人を対象にしたプラン料金1年間無料キャンペーンの対象になる。

 料金は従来と変わらず月額2980円とし、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの携帯大手3社の料金と比べ、大幅に安いと訴えた。楽天株式会社代表取締役会長兼社長・三木谷浩史氏(55)は料金設定について「清水から飛び降りる思い」と述べた。

 プレゼンテーション後の質疑応答では、菅義偉新首相が携帯電話料金の引き下げを政策にあげていることにも触れ、楽天モバイルの山田善久社長(56)は「我々のユーザーが増えれば、政府が見ている携帯料金の平均値も下がると思う」とアピールした。

 楽天モバイルの5G対応エリアは現在は東京、神奈川、埼玉、北海道、大阪、兵庫の一部地域。今後来年の3月までに全都道府県に展開していく見通しだ。

最新一覧