【日本ハム】中14日先発の杉浦稔大 ロッテ戦へ「打線のつながりを切れるように」

試合前練習で明るい表情を見せる杉浦稔大

 日本ハムの杉浦稔大投手(28)が30日、先発する10月1日のロッテ戦(札幌D)へ向け最終調整を行った。

 前回16日のソフトバンク戦(札幌D)は6回2失点と試合をつくったが、勝ち負けつかず。登板間隔があいたが「本当は下(2軍戦)で1回投げる予定だったが、雨で投げられなかった。しっかりピッチングで調整して、しっかり最初っから試合勘、ゲームのペースをつかめるようにしたい」と意気込んだ。

 首位争いを演じている2位ロッテとの対戦には「盗塁を仕掛けてくる選手もいますし、あとは勝負どころで打点を稼いでいる選手もいる。そこは打線としてつながりを切れるようにしたい。なるべく先取点を与えないようにしたい」と表情を引き締めていた。

最新一覧