松原、エース南が完投で代表切符…第50回関西秋季大会大阪中央支部予選

代表決定戦を制し喜ぶ松原ナイン

◆第50回関西秋季大会大阪中央支部予選 ◇中学生の部 ▽代表決定戦 松原ボーイズ4―1八尾中央ボーイズ(26日・吉原球場)

 「第50回関西秋季大会」(報知新聞社など主催、10月17日開幕・淡路佐野運動公園野球場ほか)の大阪中央支部代表決定戦が行われ、松原ボーイズが代表切符を手にした。松原はチームエースの南が好投した。

 自らウィニングボールをつかんだ。最後の打者を投直に打ち取った松原・南は、笑顔でナインの元へ。7回を6安打1失点と好投し「自信があったので、緊張しなかった。最近、チーム力も上がっているので!」と喜んだ。

 その頼りになる打線は、1点を先制された初回にすぐさま反撃。1死二、三塁とすると、高西が「点の取られ方が悪かったので、絶対に打ちたかった」と左越えへ逆転の2点二塁打。さらに永野も「2打席目以降は反省ですが、1打席目は100点です」と左前適時打し、この日の南には十分すぎる3点を贈った。

 今夏は京都ジュニア大会、大津びわこ大会を制した。コロナ禍でチーム力が落ちた時期もあったが、エースの言う通り、ここに来て状態は急上昇中。村田主将も「予選突破はうれしいが、僕らの目標は本大会で優勝すること。ここからが勝負」と手応え十分だ。

最新一覧