橋下徹氏、在日米軍の駐留費全額負担に「賛成。そのかわり日本のコントロールの中で服してくれ」

橋下徹氏

 元大阪府知事の橋下徹氏が30日、日本テレビ系「ミヤネ屋」(月~金曜・後1時55分)に生出演。アメリカが求める在日米軍の駐留費全額負担について「賛成」の立場であることを明かした。

 在日米軍の話題で、コメンテーターのパトリック・ハーラン(パックン)から「米軍基地の全額負担は構いませんか?」と聞かれると、橋下氏は「それ賛成」と明言。

 パックンが「トランプ大統領が(全額負担を)言ってきているのは理不尽だと思う」と話すと、橋下氏は「いろんな意見があると思う」と前置きした上で「全額負担するかわりに、沖縄の基地の配置の仕方、日米地位協定、軍事訓練に対して、米国の軍の訓練は日本に対して通知なく低空飛行、いつでも24時間できるんですよ。そういうことは一切やめてくれ。これは日本の管理権の中でやってくれ。そのかわり、米軍のかかる費用は全部日本が出してやると。そのかわり日本のコントロールの中で服してくれということを、僕ははっきり言うべきだと思う」と見解を語った。

最新一覧