【巨人】ウィーラーが7回1死満塁のピンチでメヒアの打球を横っ飛びで捕球 チームを救う好守に原監督も「スーパープレー」と称賛

7回1死満塁のピンチを一ゴロ併殺にし、坂本勇人(左)とハイタッチのウィーラー

◆JERAセ・リーグ公式戦 広島1―6巨人(29日・マツダ)

 巨人のゼラス・ウィーラー内野手(33)が6回2死二塁で吉川尚の代打で登場。自身26打席ぶりのヒットとなる適時二塁打を放つと、その裏から一塁の守備に就いた。

 ビッグプレーが出たのは4点リードの7回裏。1死満塁のピンチで、代打・メヒアの打球は一塁への強烈な当たり。これを助っ人が横っ飛びで捕球。一塁を踏んで2死とし、その後本塁へ素早く送球。三塁走者を大城がタッチアウトとし、この回を無失点で切り抜けた。このプレーには原監督も思わず「スーパープレーですね」と賛辞を送った。

試合詳細

最新一覧