【広島】5回4安打3失点で4敗目の遠藤「前回と同じ失敗をしてしまった」

今季4敗目を喫した広島・遠藤

◆JERAセ・リーグ公式戦 広島1―6巨人(29日・マツダ)

 広島の遠藤淳志投手(21)が5回4安打3失点で4敗目を喫した。

 1点リードの3回1死一、二塁。松原に適時打を浴び同点に追いつかれると、なおも一、三塁から坂本の遊ゴロ間に2点目を献上した。

 4回には先頭の丸に四球を与えたが、中島を空振り三振、大城を中飛に仕留めた。しかし、2死から若林に139キロの高めに浮いた直球を捉えられて適時三塁打とされ、リードを広げられた。

 3、4回ともに先頭に出塁を許して失点。8月2日の巨人戦(東京D)で2勝目を挙げてから白星が遠のき「前回と同じ失敗をしてしまった。正直、精神的にもきつい部分もあるが、何とか勝って報われることを信じて調整を続けていきたい」と言葉を絞り出した。佐々岡監督は「入りの悪さもある。もっと考えてやらないといけない」と反省を促した。

最新一覧