小栗旬、映画初共演の星野源との相思相愛ぶり明かす「とっても好きになりました」

映画「罪の声」の完成報告会に出席した小栗旬(左)と星野源

 俳優の小栗旬(37)、シンガー・ソングライターの星野源(39)が29日、都内で映画「罪の声」(土井裕泰監督、10月30日公開)の完成報告会に出席した。

 ある未解決事件をめぐり、新聞記者(小栗)と、事件に期せずして関与してしまったテーラー(洋裁店)の男(星野)が真相に迫っていくミステリー。小栗演じる新聞記者について、星野は「小栗くんがやると聞いて、フレッシュな感じがした。パッと見、くたびれている普通のおじさんなので…」と意外だった様子。小栗も「普通のおじさんでしたよ。(撮影時は)おなかが乗っかってるぐらいの感じでした」と振り返った。

 2人はTBS系ドラマ「コウノドリ」で共演しているが、本格的に映画共演するのは初めて。星野が「共通の知人も多く、飲みのワイワイした状態で会うことが多かった。小栗くんは現場にそっといるタイプで、2人でボソボソしゃべる会話が楽しくて止まらなかった。一気に好きになりました」と話すと、小栗も「僕もとっても好きになりました。ありがとう」と相思相愛ぶりを明かした。

 撮影はシリアスなシーンが多かったというが、土井監督は「星野くんのテーラーのシーンを1日かけて撮っていたら、5歳ぐらいの娘役がすごくなついて。でも翌日に小栗さんがテーラーを訪ねるシーンで登場すると、女の子の目がハートになっていた」とほほえましいエピソードを披露。星野は「僕には普通だったのに…」とボヤき、笑いを誘っていた。

最新一覧