Yae、母・加藤登紀子プロデュースアルバムに「親子のいい時間を過ごせた」

「On The Border」リリース記者会見に出席したYae(右)と加藤登紀子

 歌手の加藤登紀子(76)の次女でシンガー・ソングライターのYae(44)が29日、都内で最新アルバム「On The Border」(10月7日発売)のリリース会見を行った。

 デビュー20周年を迎えたYae。同作は加藤を初めてプロデューサーとして迎え、オリジナル曲や加藤が訳した世界各国の名曲など13曲を収録し、7か国語で歌唱した。Yaeは「こんなにボーカルディスカッションをしてもらって歌を入れるのは初めて。大変なこともあったけど、私的には親子のいい時間を過ごした」と充実の表情。制作活動を通して「加藤は母であるけど、親子というより、1人の表現者であり伝道者。何かを伝えようとしている人」と母への思いを明かした。

 一方、加藤は「私自身シンガー・ソングライターとして新しい曲を歌い、世界各国の名曲に支えられた。(Yaeと)歌探しの仕方が似ていて、やっぱり親子」と、改めて見つけた共通点をかみ締めていた。

 Yaeは11月10日に東京・渋谷の伝承ホールで20周年記念の単独コンサートを開催する。

最新一覧