【東都】立正大が牧&五十幡のドラフト上位候補コンビ擁する中大に先勝

昨秋の覇者・中大を相手に1失点完投勝利を飾った立正大の先発右腕、糸川亮太

◆東都大学野球秋季リーグ戦第2週第1日 ▽立正大3―1中大(29日・神宮)

 立正大は1―1の6回、1死一、三塁から5番・立松由宇捕手(4年=藤代)が右前に勝ち越し打を放ち、中大に先勝。エース右腕・糸川亮太(4年=川之江)は、牧秀悟二塁手(4年=松本第一)、五十幡亮汰中堅手(4年=佐野日大)のドラフト上位候補コンビを擁する中大の強力打線を8安打1失点に抑え、完投勝ちした。

 糸川は140キロ台の直球にシンカー、スライダーなどを交えて粘り強い投球を披露。すでに社会人入りが内定している右腕は「プロに行くような選手には絶対に負けたくない」と、牧&五十幡に強烈な対抗心を燃やした。牧には3安打を許したが、9回の第4打席では渾身の直球でバットをへし折り、遊飛に。「何を投げても打たれたので、最後は気持ちと意地でいきました」と少しだけ胸を張った。

最新一覧