【巨人】ドラ2太田龍、10・5阪神戦初先発浮上…「九州四天王」一角が初の甲子園登板へ

巨人・太田龍

 巨人のドラフト2位ルーキー・太田龍投手(21)が、10月5日の阪神戦(甲子園)でプロ初登板初先発するプランが28日、浮上した。2軍の先発には太田を含め野上や高橋、藤岡、ディプランらがおり、首脳陣は代役を慎重に協議。当日までの状態を見極めて最終的な判断を下すことになるが、2軍で好調の太田が最有力候補に挙がったもようだ。

 太田はここまで2軍でローテを担い、イースタンで12試合に登板(先発は10試合)し3勝3敗、防御率3・55。身長190センチから投げ下ろす最速153キロの直球が武器の本格派だ。8日にはプロ初の1軍昇格を果たしたが、登板の機会なく13日に登録抹消。それでも降格後も2試合に投げ、計8回1/3を1失点と好調を維持している。

 鹿児島・れいめい高時代は都城高の山本(現オリックス)、九州産高の梅野(現ヤクルト)、福岡大大濠高の浜地(現阪神)らと並び「九州四天王」と称された実力の持ち主。他の3人は高卒でプロに入っており、太田も「プロ入りが3年遅れている時点でちょっと出遅れている。少しでも早く追いつき、追い越せるように頑張りたい」と意気込んでいた。高校時代は甲子園の出場経験はなく、登板が実現すれば初めての聖地マウンドとなる。

 今季、開幕ローテ入りを果たした2年目の戸郷はここまで8勝を挙げ、直江やディプランが先発に大抜てきされるなど若手の台頭が目立つ。太田も自らつかんだチャンスをものにし、チームに勢いをもたらす覚悟だ。

 ◆太田 龍(おおた・りゅう)1998年11月15日、鹿児島・さつま町生まれ。21歳。小学1年時に野球を始め、宮之城野球スポーツ少年団では全国大会に出場。れいめい高では甲子園の出場経験はなし。JR東日本では18年の都市対抗野球で若獅子賞を受賞。昨年のドラフト2位で巨人入団。190センチ、94キロ。右投右打。

 ◆2019年ドラフト会議一覧

すべての写真を見る 2枚

最新一覧