片岡愛之助「今日はオネエじゃない」…半沢最終回から一夜明け、映画のイベントに登壇

片岡愛之助

 歌舞伎俳優の片岡愛之助(48)が28日、都内で行われた映画「小説の神様 君としか描けない物語」(10月2日公開、久保茂昭監督)のイベントに主演のEXILEパフォーマー・佐藤大樹(25)、女優の橋本環奈(21)らと登場した。

 自信がない売れない高校生作家・千谷一也(佐藤)とドSな売れっ子高校生作家・小余綾詩凪(橋本)。真逆な2人が協力し合い、編集者から下されたベストレラー小説を生み出すというミッションに挑む。

 片岡は27日に平均視聴率32.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で有終の美を飾ったTBS系の大人気ドラマ「半沢直樹」で、オネエの金融庁検査官・黒崎駿一役を好演。今作では、佐藤演じる一也の父を演じ「今日はオネエじゃなく、ちゃんとしたお父さん」とあいさつし、笑いを誘った。

 一方、片岡の息子を演じた佐藤も「最近は色んな番組で見ていて、今日はオネエじゃなくてよかった」と、黒崎ネタをかぶせ「懐が深くて、何を話してものってくれる。こんなにも表情だけで語る俳優さんはなかなかいない」。“愛息”からの羨望のまなざしに片岡は「照れますよね。ここまで言われると」と照れ笑いを浮かべた。

 当初は5月公開予定だったが、コロナ禍の影響で5か月越しで公開が決定。橋本は「こうして公開を迎えてうれしく思っています。作品によってはDVDで公開になったり、おうちで楽しめるコンテンツもある。『小説の神様』は映画館のスクリーンで見ると感動できる。公開日が決まってすごくうれしかった」と、劇場公開が決まり、喜びをかみ締めた。

 ダブル主演の橋本と佐藤は初共演。佐藤は橋本について「コンビニ袋1枚で本読みに見来てさらっと帰って行った」と明かし「飾らずフランクに話してくれる女優さんはいない。国民に愛されている理由が分かりました。猫界でいうチャオチュール」と売れっ子女優の気さくな素顔を明かした。

最新一覧