【東都大学準硬式野球】日大・小林がサヨナラ犠飛

9回、サヨナラ犠飛を放った日大・小林

 ◆東都大学準硬式野球秋季リーグ戦1部 日大6×―5国士舘大(28日・上柚木公園)

 日大がサヨナラ勝ちで無敗を守った。3回、敵失、押し出し死球など相手のミスに乗じて3点を先制。1点差に追い上げられた6回には宮澤大地(3年=日大藤沢)の適時内野安打などで2点を加えた。3点を先制された国士舘大は5回、敵失などで2点を返し、再び1点を追った7回にも伊藤悠真(3年=出雲西)の左犠飛などで2点を返すと、9回には齊藤大成(2年=専大北上)の適時打で追いつく粘りをみせた。追いつかれた日大はその裏、1死三塁で小林俊太(3年=日大鶴ヶ丘)が右犠飛を放って試合を決めた。

 日大・小林俊太「どんとアグレッシブにいきました!」

試合詳細

最新一覧