【ソフトバンク】東浜巨が6回3失点で今季5勝目 チームの連敗も5でストップ

5勝目をマークしたソフトバンク・東浜

◆パ・リーグ ロッテ3―7ソフトバンク(26日・福岡ペイペイドーム)

 ソフトバンクの東浜巨投手(30)がチームの連敗を5で止め、今季5勝目をマークした。序盤はボールが高くなったところを狙われ、2回に3連打で2点を失うなど3回までに3失点。それでも、味方の援護をバックに尻上がりに調子を上げ、6回5安打3失点。8月26日に首の張りで登録抹消されたが、今月10日の楽天戦(楽天生命)で復帰後3戦3勝だ。

 「チームが勝つことにこだわっていく中で、勝っている状況で中継ぎ陣につなぐことができたのは良かった」。ここ数年、故障に苦しんだ17年の最多勝右腕だが、今季はここまで1敗と安定した投球を続けている。「安定したピッチングをしてくれると計算しやすい」と工藤監督。シーズン終盤に入り、千賀、ムーアらとともにローテの軸としての活躍を期待した。

最新一覧