関西大学ラグビーAリーグは急転、2リーグ制で開催決定 約1か月遅れの11・7開幕

昨年の関西大学ラグビーAリーグ。天理大(黒ジャージー)と立命大の対戦

 関西ラグビー協会は24日、今季の関西大学Aリーグの日程を発表した。新型コロナウイルスの集団感染が起きたリーグ4連覇中の天理大は既に収束して全体練習を再開しているが、学内で感染者が発生した関学大は活動制限中で十分な練習が積めておらず、当初予定した10月10日から約1か月遅れの11月7日に関学大も含む全8チームで開幕。開幕カードは近大―関学大、天理大―摂南大(天理親里)となる。3日のリーグ委員会ではリーグ不成立(中止)が確認されていたが、この日の関西協会の理事会の最終判断で急転、リーグ開催が決まった。観客の有無は検討中。

 開幕の遅れにより、日程は変則だ。例年の8チーム総当たり戦ではなく、昨季順位が奇数の〈1〉天理大、〈3〉関学大、〈5〉近大、〈7〉摂南大と、偶数の〈2〉同大、〈4〉京産大、〈6〉立命大、〈8〉関大(Bリーグから昇格のため8位相当)の4チームずつ2リーグで総当たり戦を行い、最終節の順位決定戦で、両リーグの同じ順位同士が対戦して最終順位を決める。全国大学選手権には1~3位が出場する。

 理事会後、オンラインで会見した中尾晃・大学委員長は「違った形でリーグを開催できないか議論を重ね、きょう決まった。11月以降にコロナ感染者が出た場合は日本協会と(リーグ開催可否を)相談する」と説明。萩本光威・関西協会会長は「今年はコロナの影響があって特別な年。柔軟に対応していくべきだ」とする。

 また、開幕前の10月10~25日の3週で参加可能なチームによる交流戦を予定。入替戦はA~Dの全リーグ間で行わない。

最新一覧