【広島】大瀬良大地、5回5失点で2敗目「粘らないといけなかった」

2敗目を喫した大瀬良

 ◆JERAセ・リーグ公式戦 阪神10―2広島(15日・京セラドーム)

 先発した広島・大瀬良大地投手(29)が5回8安打5失点で今季2敗目(4勝)を喫した。

 初回1死三塁からサンズの打球が左すねを直撃する適時打を浴びて失点。続投したものの、2死二塁からボーアに中前適時打された。

 3回2死一、二塁からは再びボーアに右前適時打を浴びて3点目。さらに5回に糸井に中前適時打、ボーアに右前適時打を許した。「ボール自体いいことはなかったが、その中で粘らないといけなかった」と反省を口にした大瀬良に、佐々岡監督は「(厳しい所に)投げ切れていない、甘い所を打たれた。粘り強くできなかったので5回で(降板)というところ」と厳しかった。

最新一覧