馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・成績提供中  中山 中京

ホッとひと息(栗東)

 こんにちは、山本です。今日も梅田の会社からのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか♪

 さて、明日で世間的には「お盆休み」という期間が終了。子供の頃、お盆休みの終了とともに、たまっていた宿題をやらなきゃいけない、たまっている日記を思い出しながら一気に書かないといけない(ロクでもありませんね)、と一気にギアを上げたものです。2学期が始まる9月1日までの2週間はいつも遊びに、勉強に全力疾走してましたね。

 ところが、今年は4月からコロナの影響で休みだった学校が多かったため、その勉強時間を補うために、夏休みが削られている地域が多いという。春に休みが多かったという事情は分かりますが、どうしても子供たちは可哀想だなぁ、という気持ちが強くなってしまいます。特に今年はここ2週間で一気に暑くなったワケで、もうちょっと全力で遊べる時間があってもなぁ、と。子供のいないお前が何言うとんねんと突っ込まれそうですが…。とにかく、子供たちには残り少ない夏休みを満喫してほしいなと勝手に思っております。

 ということで、脳裏に「8月31日」の恐怖がよみがえったところで、そろそろ本題へ。今日も明日の競馬を中心に見ていきましょう。小倉6Rに安田隆厩舎が送り出すのが【ポールスター(牡、父モーリス、母プリームス)】です。この馬、全体的に時計が出ていると思うんですが、「まだ、しまいの時計がかかるんですよね。小倉の小回りで、その点が補えればいいんですが」と安田隆調教師は少し慎重な感じでした。その安田隆厩舎、来週の小倉ダート1700メートルには【カズカポレイ(牡、父ドゥラメンテ、母プリティカポレイ)】がスタンバイ。「見た目以上に時計が出るんですよね」とトレーナーは動きに満足そうな表情を浮かべていました。

 来週の小倉ダート1700メートルには野中厩舎から【トウリュウ(牡、父ディープブリランテ、母タフネスデジタル)】も出走予定。叔父に砂上で活躍するカゼノコがいますね。「きょうだいはみんな、ダートで走っている。今週の追い切りでも大分、よくなってきた」とは野中調教師。しかし、祖母のタフネススターに始まり、地味ながらもコンスタントに活躍馬の出る一族です。

 さて、こちらはど派手に活躍馬を出していく一族と言えます友道厩舎の【ルペルカーリア(牡、父モーリス、母シーザリオ)】。すでにノーザンファームしがらきまで移動しているんですが、来週中にも栗東への入厩を予定しているようです。中京でのデビューを考えているようですから、徐々にピッチを上げていくんじゃないかと思います。こちらは入ってから、またジックリと話を聞きたいと思っています。

 続いては池江厩舎。今週、注目していたのは先週の調教でバタバタになり、「(予定を)延ばすかもしれない」と池江調教師が話していた【トーセンアラン(牡、父キズナ、母アドマイヤキラメキ)】の動きでした。結論から言えば、前週とはガラッと変わった力強い動き。最後までしっかり伸びていました。「乗っていた藤井さん(騎手)も、担当も良かったと言ってました。時計もいいですしね。長くいい脚を使えそうな感じです」とは岩崎助手。本来は再来週の30日、小倉の芝2000メートルを予定していたんですが、「延ばさなくてもいいと思いますよ」と話していました。個人的にも結構、推していた馬だったので、この取材はホッとした気持ちが強かったですね。

 来週の小倉芝1800メートルには【ディープモンスター(牡、父ディープインパクト、母シスタリーラヴ)】が武豊Jでスタンバイ。「まだ緩さはありますが、競走馬としてのセンスを感じます。今週の動きもよかったですね」と岩崎助手も手応えをつかんでいます。他に血統馬といえば、全兄にアルバートドックを持つ【エイスオーシャン(牡、父ディープインパクト、母ゴーデンドックエー)】も徐々にピッチを上げています。「今週もまぁまぁ良かったですよ。乗り味のいい馬。やっていくと、さらに良くなりそうです」と話していました。

 ということで、ネット限定「厳選馬」をどうぞ。

小倉10R・8マルシュロレーヌ(「豊さんに52キロで乗ってもらうわけですから」と岡助手。状態よく、先行力を生かす)

 続いては、馬券王への道 延長戦をどうぞ。

小倉1R・8ビーアップ(五十嵐調教師は「初戦の芝の部分の行きっぷりがやかに良かった」と参戦の経緯を説明。その初戦は追い不足で上積み大)

小倉9R・5ストラトスフィア(「この中間は行きっぷりがいい」と野田助手。力は通用する)

小倉11R・1ノーブルマーズ(器用さが求められるコースで持ち味生きる。内枠が大きな追い風)

新潟10R・10ミッキーバディーラ(休み明けも仕上がり良好。能力はこのクラスでも十分通用)

 今日はここまで、また次回です。ではでは

最新一覧