【DeNA】燕・小川にノーヒッター食らう 神里「チェンジアップがよかった」柴田「制球が一番」

◆「JERAセ・リーグ公式戦」DeNA0―9ヤクルト(15日・横浜)

 DeNAはヤクルト・小川に無安打無得点を喫した。

 チームでは13年、6月28日、中日・山井に喫して以来の7度目の屈辱。ラミレス政権では初。

 1週間前の対戦では5回で4得点を奪っていた右腕に快挙を達成された。

 以下選手、コーチコメント

 田代チーフ打撃コーチ「小川投手の状態がよかった。この悔しさを忘れずに次回やり返したい」

 4打数無安打の4番・佐野「制球がよかった」

 4打数無安打1三振の1番・神里「全球種がコースに決まっていて、特にチェンジアップがよかった」

 3打数無安打1四球の2番・柴田「すべての球種が素晴らしかったけど、中でも制球が一番よかった」

最新一覧