完全男・槙原寛己さん、ヤクルト・小川泰弘のノーノー達成試合で解説「大変貴重な経験をさせていただきました」

ノーヒットノーランを達成した小川泰弘(カメラ・矢口 亨)

◆JERAセ・リーグ公式戦 DeNA0―9ヤクルト(15日・横浜)

 ヤクルト・小川泰弘投手(30)がプロ野球82人目、93度目の無安打無得点を達成した。セ・リーグでは昨年の中日・大野以来、43度目。チームでは06年のガトームソン以来、8人目(9度目)で、日本人では97年の石井一までさかのぼる快挙となった。 5連敗中のチームを救った。8日の同カードでは5回4失点で2敗目。中6日で迎えたこの日は立ち上がりから危なげない投球が続いた。3、4回には3点ずつの援護をもらい、大胆さも加わり、さらにギアを挙げた。5回2死からは3者連続三振。8回無死一、二塁のピンチもしのいだ。

 BS―TBSなどTBS系で放送されたこの日のテレビ中継の解説者は、巨人で完全試合を達成した槙原寛己さんだった。槙原さんは大記録がかかる投手心理も明かしながら解説。手に汗握る瞬間を、アナウンサーとともに伝えた。プロ野球では93度しか達成されていない偉業を解説者として目撃し「大変な貴重な経験をさせていただきました」と語っていた。

試合詳細

最新一覧