【ソフトバンク】今季初の6連勝ならず バレンティンの復調弾が収穫

 ◆パ・リーグ オリックス8―2ソフトバンク(15日・ペイペイD)

 ソフトバンクは今季初の6連勝に失敗した。

 誤算は2回5失点でKOされた先発の二保。今季24失点のうち19点が2回までのもの。課題の立ち上がりを克服できず「高めに浮いた球を打たれてしまっている。もう一度、自分の投球を見直したいです」と反省の言葉を並べた。

 オリックスのブルペンリレーにかわされた打線の収穫はバレンティン。4回に10試合ぶりの9号ソロを放つと、ヤクルトから移籍後初の3安打で打率も2割を超えた。ファームではデスパイネとグラシアルのキューバ勢がこの日、実戦2試合目に臨み、早ければ18日のロッテ戦(ZOZO)からの1軍昇格を視野に入れた。打率1割台の松田宣とともに決して安泰ではなくなりそうな助っ人砲。「きょうは負けてしまったので、チームの勝利につながる打撃ができるよう、調子を上げていきたいです」と言葉に力を込めた。

最新一覧