紗倉まな、小島みなみ、上原亜衣が日本酒文化大使に セクシー女優が異色のコラボ

日本酒文化大使に任命された小島みなみ、上原亜衣、紗倉まな

 東京・西新宿の新宿住友ビル三角広場で開催されている初の日本酒イベント「TOKYO SAKE FESTIVAL2020(TSF2020)」で15日、人気セクシー女優の紗倉まな(27)、小島みなみ(27)、上原亜衣(27)が「日本酒文化大使」に任命された。「日本酒の魅力を世界にアピールしていくための手助けになれば」と3人は意欲を見せた。

 紗倉、小島、上原のキャラクターの日本酒が登場することが決まったことからイベントに参加。関係者は「大人が楽しむ美しくロマンティックな日本酒のキャラクター」として位置付けている。

 紗倉と小島は現役の女優として活躍している。一方、上原は現役を引退しているもののYouTube「あいちゃんねる」は53万人もの登録者がいる。

 3人の日本酒が登場するにあたり、ゲーム業界のベテラン陣がイラストデザインして新しいキャラクターを構築。そのイラストデザインで描かれた衣装がラベルとなり、異色の「日本酒ボトル」がプロデュースされる。

 発売は11月を予定しているが「斬新な企画。日本酒との異色コラボレーションは大きなインパクトとなるはず」とは制作するNAVIOの担当者。上原は「日本酒は大好きなので自分のラベルの日本酒が出来るのは夢のようです」と言えば、小島は「日本酒にこれほど種類があるとは思わなかった。これからは私たちの日本酒をアピールしたい」とし、紗倉は「日本酒は本当に大好きなので、みんなの意見も聞いて味に拘った日本酒が出せればと思っています」とアピールしていた。

 また、日本酒の発売と合わせて「日本酒文化大使」に任命されたことについては「日本酒は日本の文化の一つだと思うので、私たちなりに世界に向けて日本酒の味や魅力を発信していきたい」と意気込んでいた。

 一方、ゲームと日本酒のコラボレーションも同時に発表された。参加するのは全世界で4億ダウンロードを突破しているソーシャルゲーム「陰陽師本格幻想RPG」。同フェスに合わせ同ゲームとのコラボ日本酒が発売される。

 「陰陽師本格幻想RPG」は、オンラインゲーム会社「ネットイース・ゲームス」が開発したもの。妖が蠢(うご目)く美しき平安時代を舞台に、プレイヤーが様々な式神とともに魑魅魍魎と戦い、謎を解き明かしていくゲームとなっているが、細部まで描き込まれた美麗なグラフィックと水樹奈々、日笠陽子ら豪華声優陣の起用が大きな話題となっている。

 なお、同イベントのアンバサダーは歌手の細川たかしが務めており「芸能45周年の年に、この大役を務めることが出来て嬉しい。精一杯イベントを盛り上げていきたい」とコメントを寄せていた。

最新一覧