【清水】鬼門アウェー仙台で0―0、J1通算400勝お預けも今季初の無失点。

スコアレスドローに終わった清水イレブン

◆明治安田生命J1リーグ第10節 仙台0―0清水(15日・ユアスタ)

 清水は勝てばJ1通算400勝がかかっていた。今季初のアウェー勝利を目指したが5戦連続先発中だったDFエウシーニョが欠場。超攻撃的サイドバックの不在は大きく前半の好機は35分にクロスからFWカルリーニョスジュニオが頭で合わせるもGK正面に終わった場面くらい。逆に仙台のハイプレスからボールをロストし、5度枠内にシュートを打たれた。

 アウェー仙台戦は13年に勝ってから公式戦6戦勝ちなしと相性が悪い。後半は開始早々に仙台FW西村にシュートを打たれた。その後、敵陣でチャンスを作れず。後半14分にFW西沢とMF竹内に代え、MF中村とFWティーラシンを投入。同23分にはクロスをMFヘナトアウグストが頭で合わせたが、枠外。同36分にも技ありのボール運びからシュートを放つが相手GKに防がれた。同40分にも右CKを頭で合わせたが、力なくGK正面。無得点に終わりあと1ゴールに迫っていた史上7クラブ目の1300得点もお預けで、今季初アウェー勝利もならず。一方で10戦目にして今季初めて無失点で終えた。

試合詳細

最新一覧